転職 評判・口コミ・ランキング
転職支援サイト|評判・口コミ・ランキング〜TOP ⇒ 薬種商の給料・平均年収と仕事の内容

薬種商の給料・平均年収と仕事の内容

薬種商は、厚生労働大臣が指定する医薬品を除いた医薬品を販売する、医薬品販売業に従事する為に必要な資格です。調剤は行なえず、改正薬事法に基づく登録販売者の新設と共に姿を消しました。 薬種商の資格は都道府県が認可を行い、一般用医薬品を事故無く円滑に販売できるかを検定するものでした。薬剤師、医師といった個人の資質を測るものとは一線を画しており、あくまでも営業の許可を与える際の審査としての資格でした。そのため、営業許可基準として、店舗ごとの許可を得ようとしていること、そしてその裏づけとなる店舗の予定等が必要とされていました。 受験資格としては、高校卒業後であれば3年以上、義務教育終了後からであれば5年以上、薬局や薬種商販売業等での実務経験が求められていたようです。試験としては、学説試験と実地試験の二段階が実施されていました。 また薬種販売業者などが死亡した場合など、店舗が営業できなくなった際に、医薬品の供給を行なえない事が、その地域の住民に多大な痛みを強いる結果となる場合がある為、あらかじめ承継者として、配偶者か、直系卑属から一人に限って、試験を受ける事が可能でした。 1960年の旧薬事法施行から、地域への医薬品供給の基地として薬種商販売業は活躍してきましたが、前述のとおり、2009年の改正医薬法の施行によって消滅しました。薬種商の役割は登録販売者へと吸収されました。1997年に登録されていた薬種商は約17,600名、他方で2011年末時点での登録販売者は、109,958名とされています。


>>その他の職業一覧 (仕事内容・給料・平均年収など)はこちら

給料&平均年収は現在調査中!

給料・平均年収     −−−

スポンサードリンク


スポンサードリンク

タグ: 毎ナビ リクナビネクスト 医療事務 女の転職 女性 金融 セミナー 経理 フェア 不動産 海外 商社 関西 転職サイト 看護師 マイナビ 50代 飲食 40歳 インテリジェンス 外資 会計士 コンサルタント 40代 中高年 50歳 アデコ シゴトイン メイティックネクスト IT転職ナビ テンプスタッフキャリア @type green グリーン リクナビNEXT マイナビ転職エージェント WomanWill en エンジャパン キャリアコンサルタント 毎日キャリアバンク 毎日コミュニケーションズ 不動産 医師 どうよ pasona サポート クチコミ 期間 期限 JAC Recruitment duda じゃc
Yahoo!ブックマークに登録