転職 評判・口コミ・ランキング
転職支援サイト|評判・口コミ・ランキング〜TOP ⇒ 無線通信士の給料・平均年収と仕事の内容

無線通信士の給料・平均年収と仕事の内容

航空機、船舶など、陸地と離れた場所とのやり取り、あるいはテレビ放送など不特定多数への情報発信には、無線が用いられています。 これらの電波を送受信する無線設備の操作、監督を行なう者を、無線従事者と呼びます。 無線従事者となるには、分野ごとに特化した無線通信士資格試験を合格しなければなりません。 種別としては、総合無線通信士、船舶とのやり取りに制限された海上無線通信士、同様に航空機とのやり取りに関する航空無線通信士、無線設備の技術操作全般を賄う陸上無線技術士、アマチュア無線に関連するアマチュア無線技師、そして各種政令で定められた、海上特殊無線技師、航空特殊無線技師、陸上特殊無線技師などが存在しています。 用途に合わせて、これらの中から必要な資格を取得する事になりますが、中でも第一級総合無線通信士と、第一級陸上無線技術士は難易度が高い事で知られています。というのも、この二つの資格で、他の資格が担う技術範囲全てを包含しているためです。 従って、試験の範囲、難易度ともに最高峰ながら、取得した場合の利用価値も高い資格となっています。 それら以外の資格の取得を目指す場合、扱える設備など区分が込み入っている為、自分に必要な資格を選ぶ際には、十分な注意が必要です。また、三種の特殊無線技師については、総務大臣認定の養成課程を修了する事で、資格を得る事もできます。無線通信士の職場としては、駅、テレビ局、船舶乗務員、港湾、ラジオ局、空港などが挙げられます。


>>その他の職業一覧 (仕事内容・給料・平均年収など)はこちら

給料&平均年収は現在調査中!

給料・平均年収     −−−

スポンサードリンク


スポンサードリンク

タグ: 女の転職 40歳 毎ナビ インテリジェンス 50代 コンサルタント エージェント 関西 50歳 セミナー 医療事務 海外 不動産 経理 40代 フェア 広告 リクナビネクスト 女性 外資 商社 リクルート 転職サイト 中高年 飲食 金融 アデコ シゴトイン メイティックネクスト IT転職ナビ テンプスタッフキャリア @type green グリーン リクナビNEXT マイナビ転職エージェント WomanWill en エンジャパン キャリアコンサルタント 毎日キャリアバンク 毎日コミュニケーションズ 不動産 医師 どうよ pasona サポート クチコミ 期間 期限 JAC Recruitment duda じゃc
Yahoo!ブックマークに登録