転職 評判・口コミ・ランキング
転職支援サイト|評判・口コミ・ランキング〜TOP ⇒ 弁理士の給料・平均年収と仕事の内容

弁理士の給料・平均年収と仕事の内容

法律の専門家と言えば弁護士が代表的ですが、法律に関わる紛争の中でも、特許権、意匠権など、産業財産権の紛争に携わる専門家に、弁理士があります。 弁理士となるには、弁理士試験に合格するか、司法試験を合格するなど弁護士としての資格をもつか、特許庁の特定職分で7年以上の実務経験を積む必要が在り、日本弁理士会に登録する事で、弁理士として活動する資格を得られます。 弁理士の業務は前述のように産業財産権に特化しており、そのため、多くの弁理士の職場は特許事務所や法律事務所です。また企業に勤務しながら、その会社の産業財産権に関わる業務を取り扱う、企業内弁理士と呼ばれる立場もあります。 弁理士の扱う業務は、具体的には特許出願書類の作成、その出願書類に対する特許庁からのレスポンスの処理、また産業財産権に関する相談を受ける事などが挙げられます。また産業財産権に関する紛争に、裁判の前段階で関与し、交渉の代理や、意匠、商標の権利の範囲についての客観的な査定を行ないます。また産業財産権に関わる訴訟において、補佐人・訴訟代理人となる事も認められています。 他の士業と比べると、その専門分野との兼ね合いから、理工系出身の資格保有者が多い事が、弁理士の特徴とされています。受験者のうち、実に80%が理工系出身、そのうち40%以上の最高学歴が修士号または博士号であると言われています。 知的財産権への関心が高まり、産業のソフトウェア化が進む現代、需要が高まりつつある士業のひとつです。


>>その他の職業一覧 (仕事内容・給料・平均年収など)はこちら

給料&平均年収は現在調査中!

給料・平均年収     −−−

スポンサードリンク


スポンサードリンク

タグ: 金融 フェア エージェント 女の転職 40歳 セミナー 飲食 会計士 毎ナビ 広告 経理 リクルート 看護師 女性 リクナビネクスト マイナビ 転職サイト インテリジェンス 海外 50歳 関西 商社 外資 不動産 医療事務 50代 アデコ シゴトイン メイティックネクスト IT転職ナビ テンプスタッフキャリア @type green グリーン リクナビNEXT マイナビ転職エージェント WomanWill en エンジャパン キャリアコンサルタント 毎日キャリアバンク 毎日コミュニケーションズ 不動産 医師 どうよ pasona サポート クチコミ 期間 期限 JAC Recruitment duda じゃc
Yahoo!ブックマークに登録