転職 評判・口コミ・ランキング
転職支援サイト|評判・口コミ・ランキング〜TOP ⇒ 美術鑑定士の給料・平均年収と仕事の内容

美術鑑定士の給料・平均年収と仕事の内容

美術鑑定士とは、絵画や書画、陶磁器、骨董品など、美術品の年代やその価値、真贋の見定め、評価を行う職業です。 テレビ番組等で、秘蔵の貴重品を鑑定してもらう番組が流行して、美術鑑定士の認知度、需要が高まってきました。 美術鑑定士の仕事は主に美術館や画廊などの勤務、もしくは、骨董品屋など買取の専門店が活躍の場となるでしょう。 美術鑑定士として個人で店を経営している人も多くいます。 美術鑑定士としての就職の際には資格、経験を必要とはされませんが、美術鑑定士として働いていくためには必然的に豊富な美術品の知識が必要になってくるでしょう。また、経験と鑑識眼は身につけたいものです。そのため、あらかじめ骨董品店や画廊のスタッフとして働いておくことでそういった鑑識眼、勘などが磨かれるのではないでしょうか。アルバイトでも現場での実務経験を積んでおくことはおすすめです。 美術品の基礎的な幅広い知識を身につけた後は、大抵の場合美術鑑定士一人一人、それぞれの専門分野を持ち技術、知識を高めていきます。 高額なものになればなるほど、その真贋の判断や価格付けは重要となってきます。 ただし美術鑑定士に必要なのは鑑定の能力だけではなく、勤め先によっては買取、売却の業務を行うこともあるため、バイヤーとしての能力、コミュニケーション能力やトークスキルなどが必要となることもあります。 画廊や美術館の通常の業務や鑑定書の取得等、事務作業を行うこともあり、様々な状況に合わせて働く事になるでしょう。


>>その他の職業一覧 (仕事内容・給料・平均年収など)はこちら

給料&平均年収は現在調査中!

給料・平均年収     −−−

スポンサードリンク


スポンサードリンク

タグ: 毎ナビ 医療事務 50代 40歳 女の転職 50歳 金融 広告 看護師 経理 40代 コンサルタント 中高年 リクルート セミナー フェア リクナビネクスト インテリジェンス 不動産 外資 会計士 エージェント 転職サイト 飲食 関西 マイナビ アデコ シゴトイン メイティックネクスト IT転職ナビ テンプスタッフキャリア @type green グリーン リクナビNEXT マイナビ転職エージェント WomanWill en エンジャパン キャリアコンサルタント 毎日キャリアバンク 毎日コミュニケーションズ 不動産 医師 どうよ pasona サポート クチコミ 期間 期限 JAC Recruitment duda じゃc
Yahoo!ブックマークに登録