転職 評判・口コミ・ランキング
転職支援サイト|評判・口コミ・ランキング〜TOP ⇒ 船舶機関士の給料・平均年収と仕事の内容

船舶機関士の給料・平均年収と仕事の内容

現状、国外貿易における物資輸送は、その大半が海運によって賄われています。空運はその速度こそ大きな利点ですが、積載重量当たりのコストで、今一歩海運に及ばないというのが実情です。そうした海運業務の保安を船の中から担うのが、船舶機関士の仕事です。船舶機関士の業務は、船舶の機関先般の検査、保全を行う事です。 船舶が安全に航海を終えられるように事前検査を行い、出航後は乗船して、常に機関部の点検を行い、必要があればその修繕を行います。 船舶機関士が見なければならない機関は多岐に渡り、メインエンジンから電気回路まで、船舶が保有する全ての機関がその職分です。 そのため、船舶機関士として就業するためには、国家資格である海技士(機関)資格を取得する必要がある。この海技士(機関)資格は、学歴などによって受験資格が細かく異なりますので、取得を志す場合は、事前に詳細を確認しておく必要があるでしょう。 船舶機関士に求められるのは、何よりも不慮の事態に遭遇した際でも、冷静に適切な対応をとることの出来る判断力です。また船が動いている間全てが就業時間なので、いつどんな事態が起きても対応できるよう、自分のコンディションを保ち続けられるだけの自己管理能力も求められる仕事です。 収入としては月収25万円前後以上と言われており、また一度乗船するとしばらく日本に帰れない場合も珍しく無いという環境ですので、比較的お金の溜まりやすい仕事とも言われています。


>>その他の職業一覧 (仕事内容・給料・平均年収など)はこちら

給料&平均年収は現在調査中!

給料・平均年収     −−−

スポンサードリンク


スポンサードリンク

タグ: 看護師 会計士 エージェント 中高年 金融 毎ナビ マイナビ 関西 海外 インテリジェンス 医療事務 リクルート フェア 外資 女の転職 40代 商社 飲食 不動産 50代 セミナー 女性 コンサルタント 経理 40歳 広告 アデコ シゴトイン メイティックネクスト IT転職ナビ テンプスタッフキャリア @type green グリーン リクナビNEXT マイナビ転職エージェント WomanWill en エンジャパン キャリアコンサルタント 毎日キャリアバンク 毎日コミュニケーションズ 不動産 医師 どうよ pasona サポート クチコミ 期間 期限 JAC Recruitment duda じゃc
Yahoo!ブックマークに登録