転職 評判・口コミ・ランキング
転職支援サイト|評判・口コミ・ランキング〜TOP ⇒ 潜水士の給料・平均年収と仕事の内容

潜水士の給料・平均年収と仕事の内容

水泳などの経験を通して、水に親しむ仕事をしたいと考える方は、案外少なくないようです。労働時間の多くを水中で過ごす仕事の代表に、潜水士が挙げられます。 潜水作業を仕事にする為には、国家資格である潜水士免許を取得する必要があります。レジャーダイビングについては必要ありませんが、事業者がこの免許の取得者以外を、潜水作業に従事させる事は、労働安全衛生法で禁じられています。 国家資格である潜水士は、筆記資格のみで取得する事ができるため、比較的容易な免許ですが、その分、業界における信頼度は低く、実技を要求する他の民間資格の方が、むしろ有用性は高いという問題点も指摘されています。潜水士の主な職場には、海上保安庁、海上自衛隊、ダイビングスクールのインストラクター、他に水中掘削や海洋調査を行う機関などがあります。 潜水士に求められる役割は職場によって大きく異なります。ダイビングスクールのインストラクターであれば、初心者を安全に、また楽しく誘導できる能力と、不慮の事態にも対応できるだけの判断力、対処能力が求められます。 他方で海上保安庁の潜水士であれば、人命救助をはじめ、遭難船舶からの流出油の防除作業など、海難事故、事件にまつわる作業に従事する事になります。 上記のように、レジャーとしてのダイビングであれば潜水士免許は必要ではありませんので、自分が趣味としてダイビングが好きなのか、それとも仕事として選びたいのか、慎重に考えた上で判断する必要が在るでしょう。


>>その他の職業一覧 (仕事内容・給料・平均年収など)はこちら

給料&平均年収は現在調査中!

給料・平均年収     −−−

スポンサードリンク


スポンサードリンク

タグ: 転職サイト 女の転職 50代 エージェント 金融 リクナビネクスト リクルート コンサルタント 広告 医療事務 セミナー 外資 40歳 海外 関西 商社 看護師 マイナビ 40代 フェア 経理 中高年 女性 飲食 会計士 毎ナビ アデコ シゴトイン メイティックネクスト IT転職ナビ テンプスタッフキャリア @type green グリーン リクナビNEXT マイナビ転職エージェント WomanWill en エンジャパン キャリアコンサルタント 毎日キャリアバンク 毎日コミュニケーションズ 不動産 医師 どうよ pasona サポート クチコミ 期間 期限 JAC Recruitment duda じゃc
Yahoo!ブックマークに登録