転職 評判・口コミ・ランキング
転職支援サイト|評判・口コミ・ランキング〜TOP ⇒ 消防官の給料・平均年収と仕事の内容

消防官の給料・平均年収と仕事の内容

子どもたちの憧れの職業といえば、警察官に並び、消防官が挙げられることでしょう。 特に最近では、安定した職業である公務員の人気が高まっており、消防官志望の人も急激に多くなりました。 また、以前は男性がほとんどであった消防官ですが、男女雇用機会均等法が生まれ、女性の社会進出がめざましくなってからは、女性の消防官も増えています。 そのため、消防官採用試験自体は難しいものではないものの、倍率が高まり採用されることは以前よりも難しくなっています。本部によっては競争率が30倍、40倍というところも存在します。受験は高卒からでも可能ですが、大学を卒業している方が有利にはなるでしょう。採用試験は、一次試験が学科と論文、二次試験が体力試験です。就職後のことを考えても、体力作りは必須と言えるでしょう。 専門学校等で、救急救命士の資格を取っておくこともおすすめです。 消防官として採用された後は、消防学校で初任教育を受ける事になります。全寮制で、約七ヶ月間、勉強をすることになります。 この間、刑事法や民法、憲法、行政法といった法律や、火災、火薬、毒劇物、放射線、建築構造などの専門的知識、救急業務や消防機械の扱いなどの技術、また、公務員としてのモラルを学びます。 消防官の仕事は、実際の火事や災害時での出動だけではありません。事務仕事や、地域の防災訓練、行事や花火大会でのパトロール、待機など、それ以外にも見回りや体力作り、訓練などで、大変忙しい仕事です。 また、休暇中であっても出動しなければならないこともあります。


>>その他の職業一覧 (仕事内容・給料・平均年収など)はこちら

給料&平均年収は現在調査中!

給料・平均年収     −−−

スポンサードリンク


スポンサードリンク

タグ: 海外 40歳 転職サイト 会計士 看護師 50歳 インテリジェンス フェア 不動産 女性 女の転職 商社 マイナビ 関西 エージェント 経理 飲食 40代 医療事務 広告 コンサルタント 毎ナビ リクルート 外資 50代 セミナー アデコ シゴトイン メイティックネクスト IT転職ナビ テンプスタッフキャリア @type green グリーン リクナビNEXT マイナビ転職エージェント WomanWill en エンジャパン キャリアコンサルタント 毎日キャリアバンク 毎日コミュニケーションズ 不動産 医師 どうよ pasona サポート クチコミ 期間 期限 JAC Recruitment duda じゃc
Yahoo!ブックマークに登録